<< 巣を構築せよ | main | How to ふわちく >>

ふわふわちくちく

マイブームは突然やってくる。この頃フェルトいじりにはまっている。

きっかけはこれ。

確か数年前に「お○ゃれ工房」で見たことがあると思う。やってみたかったが、当時は道具をどこで手に入れたらいいのかわからず、そのうちに忘れてしまった。
それが偶然この本を見つけて、「これだー!!」と。
この本の犬がすごーくかわいいのです。

以前からねずみの立体ものを作りたいと思っていて、 ミニチュアテディベアなどの本を買ったり見たりしてみたけど、そこからどうやったらねずみにできるのかがわからない。
布ものだと型紙が必要になるけど、自分の思うような形に型紙をおこす技術はない。ハ○太郎みたいなのは嫌だ。
でもフェルトものだと比較的自由に形ができそう。この本を参考にねずみが作れないだろうか。

さて、ここでいうフェルト細工を説明すると(ずばりの名称はわからない)原毛を特殊な針でちくちくと刺していくと毛が絡み合ってフェルト化するというもの。
他に石けん水を使ってフェルト化する方法もあり、こちらのほうがポピュラーかもしれない。針を使うものだと、より微妙な細工に向いているようだ。
フェルト原毛細工はすでに手芸として一般的なものになっているらしく、手芸店で道具と材料を買い込んでやりはじめた。

が、

難しい〜。
原毛の扱いが。

それでも2、3個作っていくうちに、多少の慣れも出て来た。そしてわかったのは、細かいパーツの細工はかなり無理がある。ある程度大きく作ればまた違うのかもしれないが。
まだ試行錯誤の段階だが、今は小さめのものを目指し、デフォルメした形で手足は自然と省略の方向へ…。

チャイノーマル
3個目くらいに作ったチャイニーズノーマル。ノーマルっぽさが出たのではと思う。足の処理はまだ未熟だ(今も未熟だが)。
そこ、「ジャンガリアンと変わらない」って言わない!

チャイパイド
今の所一番チャイニーズに近い顔かたちになった気がする、チャイニーズパイド。微妙に傾いているところもかわいい(親ばか?)。
フェルトもののいいところは、何色かの原毛を混ぜて微妙な雰囲気が出せる所。ぬいぐるみではなかなかこうはいかない。
問題は、似せようと思っても二度と同じ物ができないことか。

ツーショット? ツーショット失敗。

この話題、また続く予定。

Hand Made > ふわちく | comments (3) | trackbacks (0) | pagetop↑

Comments

私も挑戦しようとして道具を買うか迷ってるとこです~
本屋で何度も立ち読みして,迷って迷って買ってないという…

最後の写真,お~足うまい!
と,思ったら本物だった(笑)
あすか | 2006/02/04 11:30 PM
テレビで見た事ありました。N○K教育で(笑)

素晴らしい出来じゃないですか!
快心の出来じゃないという気持ちも解かる気がするけど
少なくとも、売ってあるハムフィギュアなんかよりずっと
ネズミの良さが出てると思いますよ。

やっぱ、きゃらめるさんはセンスありますよね。絵もうまいもんなぁ。
(食べてる絵「ねむねむ」と「ぎらぎら」には納得しました)

私も、鏡餅似のJ♂と同サイズの鏡餅のツーショット
失敗しました。
もなはは | 2006/02/05 01:45 AM
あすかさん

次のエントリに本のこと詳しく書いたので、参考にして下さいね。
フリースドッグのキットもあって、ニードルも入っているので、とりあえずやってみたい場合にはいいかも。

>最後の写真,お~足うまい!
>と,思ったら本物だった(笑)

(爆)
本物は細かいのによくできてるよね〜(^-^;

もなははさん

たぶん私がテレビで見たのと同じですね。
私は技術が無いくせに理想が高く、途中で放り出した手作りものも多数。
これは何とか形にできたのでおひろめしましたが、写真は実物より3割増ぐらいよく見えます(^-^;A

>私も、鏡餅似のJ♂と同サイズの鏡餅のツーショット
>失敗しました。

想像できそうです。
きゃらめる | 2006/02/05 09:06 PM

コメントよろしく

※現在トラックバックは受け付けておりません。
※スパムコメントが多いので、一部エントリでコメントを承認制にしています。
また、コメント欄にはリンク貼付けをできなくしております。"http://"を取ってテキストとして記述してください。
※当サイト、当エントリに無関係、または広告目的やスパムと思われるコメントは即刻削除します。

Trackbacks

<< 巣を構築せよ | main | How to ふわちく >>