<< ここで待つ | main | ティッシュ箱とチャイニーズハムスター >>

背景スッキリ

ブランコで食べているところを激写。
食べる(り)
プラケ飼いの利点として、横目線で写真が撮れるのがいいのだけど、背景やまわりのごちゃごちゃしたものも写りがち。
せっかくのいいショットでも、背景が汚いな〜と思うのも昔は多かった。撮ってる時は被写体に集中してしまって、まわりに気が回らないんですよね。
それにプラケのまわりは保温用の電源タップやコードがどうしても集まって収集がつかないし、こうやって公開するというのもあるし。
背景はすっきりしているほうがいい、と私は思うわけです。

で、どうやっているかというと、
背景
主にりおたんが活動する左半分で写真を撮ることが多いので、左側に白い紙を立てかけています。少し厚みと固さがある紙なので、ただ家具との間に入れているだけで大丈夫。
プラケの後ろにも大判のカレンダーの裏側(白)を壁との間に入れています。

手前にあるのはクリップ式デスクライト。左手でライトを持ってりおたんにスポットライトを当ててます。
おかげでだいぶシャッタースピードが稼げます。

デジカメ > ねずみ撮り | comments (6) | trackbacks (0) | pagetop↑

Comments

素晴らしい。パチパチパチ。
なるほど、やはり照明が大事なんですね。
背景はどうあれ、りおたんが見られれば満足ですけど、
毛並みや瞳の美しさが存分に楽しめる陰には、
きゃらめるさんの努力と工夫があったんだ、
よくわかりました。
うーむ、見習わなければ!
Yoshida | 2006/06/24 01:41 AM
まあ、ハム撮り歴5年くらいはあるので、それなりに知恵はついてきたと思います。
照明はあるに越したことないですね。だいぶブレが防げますよ。
きゃらめる | 2006/06/24 11:53 PM
写真を撮るのもやはり、工夫が必要なんですね。

ところで・・・
りおたんが暮らしてるプラケースは、どこの製品ですか?
差し支えなければ、教えてください。
鼠飼い | 2006/06/30 03:00 AM
鼠飼いさん
別に気にならないならいいんですけどね>写真
私がこだわりすぎなのかも。

プラケですが
http://chiham.chu.jp/repoplus/log/eid381.html
こちらにも書いたのですが、アイリスオーヤマです。
ただ今は製造販売されていないようです。これを買った4年くらい前でも取りよせで手に入れたので。
使い勝手の悪いところもあって、イチオシとも言い切れませんが、なかなか大きいプラケってないんですよね〜。悩ましい。
きゃらめる | 2006/06/30 10:56 PM
きゃらめるさん
 参考になりました。
 うちは、背の低い鼠には(いろんな鼠がいるもので)、鈴木のプラケース特大、ってのを使っています。
 フタが透明なので、ケース内が明るいのがいいです。
 あと、富永樹脂のはフタが気に入らなかったんですが、BBQの網を使うといいんですね。
 今度プラケース購入のときは、そうしてみます。
 
 情報提供、ありがとうございました。
鼠飼い | 2006/07/02 04:05 AM
ジャンボ45はシンプルだけあって手入れがしやすいのでオススメです。
小さめのねずみさんには手ごろな大きさじゃないでしょうか。値段も手ごろ。
鈴木のプラケースも検討したことあります。大きさは十分ですが、チャイハムにはもう少し高さが欲しいと思って見送りました。他のドワーフだと大丈夫かも。
きゃらめる | 2006/07/03 12:39 AM

コメントよろしく

※現在トラックバックは受け付けておりません。
※スパムコメントが多いので、一部エントリでコメントを承認制にしています。
また、コメント欄にはリンク貼付けをできなくしております。"http://"を取ってテキストとして記述してください。
※当サイト、当エントリに無関係、または広告目的やスパムと思われるコメントは即刻削除します。

Trackbacks

<< ここで待つ | main | ティッシュ箱とチャイニーズハムスター >>