<< [チ]くるんへの道Part1 | main | [マ]なんとか巻き >>

[チ]くるんへの道Part2

さて、行って戻ってがターンっぽくなってきたところ、飼い主はついこう思ってしまった。
これはいけるかも。
そこで行動強化ですよ。
おもしろい動きをしたらすかさずおやつを与えて、この行動をしたらいいことがあると教える。
褒めて育てるってやつ?(適当なことを言っています)

ハムスターはマウスと違い、おやつを与えてもすぐ頬袋に吸い込まれるため、タイミングよく次のおやつを出すのが大変。間に合わないときは勝手にクルクルと回っている。
ここまでくると、本ハムもこの行動の本来の意味を完全に忘れてるやろ。

チャイニーズハムスター > チャイハムのこと | comments (2) | - | pagetop↑

Comments

いくらでも入れられる頬袋の素晴らしさよ。
さすがハムスター。
michael | 2016/10/31 09:20 PM
michaelさん
ラットが無理して2個3個くわえて持って帰ろうとするのを見ると、頬袋は偉大な進化だと思いますです。
きゃらめる | 2016/11/06 09:15 PM

コメントよろしく

※現在トラックバックは受け付けておりません。
※スパムコメントが多いので、一部エントリでコメントを承認制にしています。
また、コメント欄にはリンク貼付けをできなくしております。"http://"を取ってテキストとして記述してください。
※当サイト、当エントリに無関係、または広告目的やスパムと思われるコメントは即刻削除します。

<< [チ]くるんへの道Part1 | main | [マ]なんとか巻き >>